コレステロール下げる救世主!おすすめサプリは?

コレステロールを下げるために、運動習慣を取り入れたり、食事の改善をしたり、と、わかっちゃいるけどなかなか実践できないことが多々あります。当サイトはそんな方のために、少しでも食事、運動などの負担を減らしつつ、コレステロールを下げるのにも役立つ、いわばサポートサプリを紹介しています。

 

サプリを上手く利用すれば、食事メニューの負担も減らせるし、運動の時間も縮小できたり、と忙しい方や面倒くさがりな方には心強い味方になります。上手に活用し効率良くコレステロールの改善に努めましょう!

 

納得のコレステロール下げるサプリ第1位は?

 

悪玉コレステロール下げるならDHA・EPAサプリ一択!

 

 

血中の悪玉コレステロールと中性脂肪を減らすためには、運動をして脂肪を燃焼させたり、野菜や魚を中心とした食生活を心掛けるのが一番です。それと加えて、サプリメントによる栄養補助を利用するのが手軽かつ非常に効果的です。

 

DHA&EPAが悪玉コレステロール撃退に良い!

 

なかでも、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は動脈硬化や心臓病の発症リスクを抑え、中性脂肪値・悪玉コレステロール値を下げるのに役立ちます。

 

DHAとEPAは青魚に豊富な魚油成分なのですが、特に現代人には不足しがちです。心臓病が増加したのも魚介類の摂取量が減ったからではないかと言われているほどです。

 

DHA&EPAの作用は国が実際にその効果を認め、1日の摂取量を定め推奨しています(1日あたりDHA&EPAを1000mg)。また、DHA&EPAの機能性の評価を下記画像のように判定しています。

 

参考:「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告より

 

DHA&EPAの血液サラサラパワーが凄い!

 

疑問に思われたことはないでしょうか?

 

「どうして魚は冷たい水のなかにいるのに、血液が固まってしまわないのだろう」
「どうして氷点下の水中であってもしなやかに泳ぎ続けることができるのだろうか」と。

 

これはじつは、魚に含まれる不飽和脂肪酸(DHA・EPA)の血液サラサラパワーのおかげなのです。DHAとEPAは、人間の体内では合成することができません。したがって、魚パワーの恩恵を受けるためにはとにかく魚を食べることが大切!とはいっても、焼き魚を毎日食べ続けるのは(骨が多いだけに)骨が折れますよね。

 

ところがサプリメントなら簡単にDHAとEPAを摂取することができます。サプリメントの1粒には新鮮な青魚から抽出したDHAとEPAが濃縮されていますし、魚油成分以外にもナットウキナーゼやビタミンEなどの有用成分が含まれている製品もあります。

 

DHA&EPAサプリメントは海外産より国産ものが安心

 

DHA・EPAサプリメントなら、国産のものが一番安心です。今では食品飲料メーカーや製薬会社、大手上場企業など多くの会社がDHAサプリメントを売り出しています。製品ごとに様々な特色がありますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

コレステロール下げるサプリランキング

大正DHA・EPAの特徴

大正DHA・EPAは、業界トップクラスのDHA・EPA配合量を誇る大正製薬ブランドのサプリメントになります。サラサラ成分のDHA・EPAを1日分に600mgと贅沢にたっぷりと含有しています。また、酸化に弱いDHA・EPAのために、ビタミンEを含みつつ、1日分ごとのアルミ個別包装だから、飲むとき常にフレッシュな状態を保ちます。実感力が高く、さらに、大正製薬が販売するサプリだけに絶大な人気を誇ります。

価格 1000円
評価 評価5
備考 DHA・EPA600mg 製薬会社品質

 

きなりの特徴

きなりは、コレステロールを下げるのに効果的なDHA・EPA、ナットウキナーゼを配合したサプリメントになります。どれもサラサラパワーを持つ有効成分であり、コレステロールはもちろん、動脈硬化、血栓症の予防にもおすすめです。また、DHA・EPAの酸化防止策としてアスタキサンチンを含み、実感度の高いサプリメントとなっています。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 DHA・EPA500mg 返金保証付

 

三黒の美酢の特徴

三黒の美酢は、黒酢もろみに加え、DHA&EPAを配合したサプリメントになります。豊富なアミノ酸を含む黒酢もろみエキスにサラサラ成分のDHA・EPAを凝縮しています。さらに、完熟黒にんにく、有精卵黄油などの濃い栄養も含まれ、素材にこだわった実感度高めのサプリメントに仕上がっています。ドロドロ、数値が気になる方におすすめです。

価格 980円
評価 評価4
備考 DHA・EPA125mg 返金保証付

 

そもそもコレステロールって?

 

 

コレステロールほど多くの人から誤解を受けている成分はきっとないでしょう。健康番組ではしばしば、コレステロールに関する「誤った」知識が紹介され、その功罪は大きいことと思います。

 

まず第一に覚えておいて欲しいのは、「悪玉コレステロールの多い食品や、善玉コレステロールの多い食品は、そもそも存在しない!」ということです。

 

豚肉や卵はコレステロールが豊富ですが、このコレステロールに善悪はありません。コレステロールは細胞膜や胆汁、生体ホルモンを生成するのに必須の構成材料です。コレステロールなしに人間は生命活動を維持できません。

 

「じゃあコレステロールが心臓病や動脈硬化を引き起こすって嘘だったの?」と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。我々が一般に心臓病の原因として忌み嫌っている「コレステロール」は厳密にはコレステロールではないのです。

 

まず、コレステロールはおよそ3割が食品経由で摂取され、残り7割は肝臓で合成されます。そして肝臓で合成されたコレステロールはリポ蛋白質と呼ばれる脂質運搬物質と結合し、肝臓からカラダの血管の隅々へと送られます。

 

コレステロールとリポ蛋白質が結合した物質のことをLDL-Cというのですが、これが血中に過剰に増えて酸化すると、様々な問題が生じてきます。

 

酸化LDL-Cは、血管に吸着しマクロファージに取り込まれることにより血管を縮めます。そして血液をドロドロにしてしまうのです。これは動脈硬化症を生じさせる要因となります。

 

したがって、私たちが「悪いコレステロール」と思っているものは、正確にはコレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)とリポ蛋白質が結合して酸化した物質だったのです。

 

この物質を「LDLコレステロール」あるいは「悪玉コレステロール」と呼びます。健康診断ではLDL-Cの値が高すぎると脂質異常症やメトボリックシンドロームと診断されますよね。

 

そう、コレステロールは食品に存在する段階では良くも悪くもなく、カラダに入ってから他の物質と結合することで病気を起こすのです。ですから「悪玉コレステロールが増えるから卵を食べてはいけない」みたいな話は嘘っぱちなのです。

 

大切なのは、血中にすでに存在する悪玉コレステロールを減らし、(健康に有益な)善玉コレステロールを増やすこと。そしてこれはバランスの採れた食生活と運動習慣によって実現することができるのです。

 

LDLコレステロールが過剰に増えると引き起こす病気、症状など

 

LDLコレステロール、つまり悪玉コレステロールが多くなることで、多くの弊害をもたらすことなります。まず、コレステロール自体が血管の壁にへばり付き、血流自体に障害が発生します。

 

これによって、血圧が上昇し、頭痛・疲労感などの実感のあるものから、イライラしたり感情の起伏が激しくなるなど、他人からの指摘によって気づく変化などが生じるでしょう。血管ももろくなり、動脈硬化や糖尿病など、生活習慣病の引き金ともなります。

 

更に言えば、どんどん溜まって行くことで、やがて血管を詰まらせることにもなります。そうなると、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こし、身体の細部に至るまで酸素を送り届けることができなくなるため、場合によっては死に至ります。LDLコレステロールの増加こそ、諸悪の根源と言えるでしょう。

 

コレステロールが多い食品に注意し、減らす食べ物を意識して摂ろう!

 

コレステロールが多い食品は、一言で言うならば、「脂肪や糖が多い食品」となっています。卵・肉・乳製品など、日常的によく口にし、栄養価の高いものではありますが、同時にコレステロールも多く含んだ食品となっています。

 

「美味しい食品には、コレステロールが付いて回る」とも言えそうです。反対に、コレステロールを下げる食品もあります。率先して摂りたい食品は、どのようなものがあるのでしょうか?

 

LDLコレステロールを減らす食べ物3選

 

血管にコレステロールが滞留するのが良くないのであれば、それを排除する食品を摂れば良いのです。不飽和脂肪酸は、脂肪を固まりにくくし、体外へ排出させる働きがあります。

 

不飽和脂肪酸を多く含む食品としては、青魚・ナッツ類が挙げられます。中でも、イワシとくるみは、不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでおり、コレステロールだけでなく、中性脂肪の低下や便秘解消の効果も確認されています。

 

更にもう1つ、納豆もコレステロール対策には有効です。特有成分であるナットウキナーゼやレシチン・サポニンなどの成分によってLDLコレステロールの低下に役立ちます。

 

LDLコレステロールを下げる!おすすめの栄養は?

 

コレステロール対策のために摂っておきたい栄養素をご紹介いたします。どのような食品に含まれているか?ということにも注目です。

 

DHA&EPA

 

イワシやサバといった青魚に多く含まれている成分です。DHAとEPAも不飽和脂肪酸の一種で、血流を改善し、コレステロールを低下させる作用を持っています。他にも、視力を回復させたり、記憶力の向上に役立つなど、その効果は実に多岐にわたっています。

 

ナットウキナーゼ

 

納豆特有の酵素で、血栓を溶かし、血液をサラサラにすることで知られています。溜まってしまったコレステロールへの具体策として有効な成分と言えるでしょう。様々な大豆製品の中でも、ナットウキナーゼを生成するのは納豆のみとなっています。

 

キトサン

 

エビやカニなどの甲殻類から取れる成分です。血中のコレステロールを吸着させ、体外へ排出する働きを持っています。コレステロールが身体に付いてしまう前の予防として有効です。

 

オレイン酸

 

不飽和脂肪酸の一種で、熱に強く、酸化されにくい油分として知られています。オリーブオイルやアーモンドなどに多く含まれています。特にLDLコレステロールを下げる作用があるため、動脈硬化を予防し毛細血管を活性化させる作用があります。

 

リコピン

 

トマトに多く含まれる赤色の色素成分です。活性酸素を除去することから、心臓病や脳卒中の予防にも役立つとされています。脂溶性なので、食事とともに摂取すると吸収率が高まります。

 

▼コレステロールにこのサプリ▼
大正DHA・EPA