コレステロールを下げるなら青汁がおすすめ!

「コレステロール値を下げるためには食生活に気を付けなさい!」などと、医師から口酸っぱく言われている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、毎日毎日野菜を用意して、魚を食べて…というのは、気苦労も絶えず、飽きも来てしまいそうですね。何より、「食べたいものを我慢しなければならない」というのは、健康のためとはいえ非常に不本意なものです。

 

そこで、日々の食生活を大きく変えることなくコレステロールのケアに有効なのが、青汁です。「あぁ、不味いやつだね…」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんね。確かに、一昔前の青汁は、CMの文句にもなるぐらい「不味い」ものでした。

 

しかし、いつまでも不味いままではありません!きちんと美味しく、なおかつ栄養価の高い青汁が続々と登場しています。

 

青汁のどんな成分が有効なの?

 

青汁の主原料と言えば、大麦若葉やケールなどの野菜が多く用いられ、これらは非常に栄養価が高いことでも知られています。

 

一例を挙げるのならば、大麦若葉には、脂質をエネルギーに変えるビタミンB2がアスパラガスの9.5倍、動脈硬化の原因となるホモシステインを抑える葉酸は小松菜の6.5倍もの量が含まれているのです。しかしながら、毎日大量に摂取し続けることが困難であるため、青汁という形態が生まれ、今日に至ることとなりました。

 

野菜や果物など様々な素材が用いられており、その栄養素も多岐にわたっています。活性酸素を除去するビタミンCや、抗酸化作用のあるビタミンE、腸内環境を正常にして体内のサイクルを活性化させる食物繊維などが豊富であることから、美容やダイエット効果など、多方面での活躍も期待できるものです。

 

特に、「活性酸素を除去して抗酸化作用をもたらす」という効果は、万病を予防し体調を改善するということの大きく貢献し得るものです。このめぐみがふんだんに含まれているということは、青汁は、まさに総合健康飲料と言うに相応しいでしょう。

 

コレステロールを下げる青汁ランキング

 

青汁が身体に良いということは十分におわかりいただけたのではないでしょうか。しかし、世の中に「青汁」と謳われている製品は様々あり、成分や効果も実に様々です。今回は、コレステロール値を下げることに特化した青汁を3製品ご紹介いたします!

 

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>

 

第1位は、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>です!大手製薬会社である大正製薬が開発・販売している青汁。これだけでも何だか期待が持てそうなものですよね。

 

この青汁の主原料となっているのは、その名のとおり「大麦若葉」です。農薬不使用で大切に育てられた大麦若葉がベースになっているので、ビタミンB群・葉酸・鉄分がふんだんに含まれているため、栄養価は申し分なしです。

 

しかし、これだけではないのがヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>のすごいところ!注目成分「キトサン」が、厄介なコレステロールに対してこれまでにはない効果を発揮しているのです。

 

これだけの有効成分と注目成分が入っていながら、味は抹茶風味でゴクゴク飲めてしまいます。飲みやすさも大きなポイントとなりそうですね。

 

サンスター 緑でサラナ

 

第2位は、サンスター 緑でサラナです。歯磨きやヘアケア製品でお馴染みのサンスターが研究・開発した青汁となっています。

 

ブロッコリーやキャベツなど、アブラナ科の野菜に多く含まれている天然アミノ酸の一種であるSMCSに着目し、独自の研究が生かされている製品です。

 

このSMCSにはコレステロールを下げる効果が見られており、その効果の高さから特定保健用食品ともなっているほどなのです。有効性・安全性・品質とも、消費者庁の許可を受けた製品なので、効果も大いに期待できそうですね。

 

粉を溶かして飲むタイプの青汁が多い中、こちらは初めから缶に入ったドリンクタイプ。開けるだけですぐ飲めるというのも嬉しいですね。累計販売本数は1億本以上と大人気なのにもうなずけます。

 

ユーグレナの緑汁

 

第3位は、ユーグレナの緑汁です。「緑汁」という単語に驚いてしまいそうですが、この原料となっているのが、石垣島産のミドリムシなのです。

 

ミドリムシはユーグレナとも呼ばれ、環境保全やバイオ燃料などとして役立っているなど、私たちの生活を大いに豊かにしてくれる可能性を秘めた話題の植物・動物なのです。

 

中でも、植物・動物の両方の面を持っていることからその栄養価の高さが大きな注目を集めています。ビタミン・ミネラルを中心に、アミノ酸やDHA・EPAまで含まれていることから、総合栄養食として、東京大学など名だたる機関が研究を進めているものでもあります。

 

また、従来の「青汁」は野菜不足を補うだけですが、ミドリムシが原料となっている「緑汁」は野菜だけでなく肉と魚の持つ栄養も補えるとのこと。心強い製品となっています。

 

コレステロールを下げる青汁の上手な飲み方

 

青汁は、あくまで栄養補助食品であって、薬のように即効性のあるものではありません。それゆえ、飲むタイミングなどの指定はありません。しかし、毎日しっかり飲み続けることで確かな効果を発揮し得る食品であることは確かでしょう。

 

効果を実感するためには「飲み忘れない」ことが大切です。例えば、「1日1回飲むように」との指定のある製品であれば、「夕食の後に飲む」などと決めておくと飲み忘れを防げます。加えて、食後は、食事の栄養とともに青汁の栄養も消化・吸収されやすくなることが期待でき、合わせてオススメです。

 

また、一度にたくさん飲んだからと言って直ちに効果を発揮するものでもありません。各製品に記載のある用法・用量を守って正しく取り入れるようにしたいものですね。

 

ゴクゴク飲める美味しい青汁レシピ

 

青汁を飲み続けようと思っても、美味しくなければなかなか続けられるものではありません。また、美味しいものであったとしても、毎日飲むと飽きが生じてしまいやすいものでもあります。飲み慣れによるマンネリを防ぐためにも、飲み方のバリエーションはいくつか知っておきたいものです。

 

オーソドックスなところでは、水の代わりに牛乳を使って混ぜるとマイルドで飲みやすい味になりますし、お好みのジュースで割ってみても、甘くて飲みやすいものとなるでしょう。もう少し進めると、料理に加えることもできます。

 

例えば、パンケーキやお好み焼きに加えて焼くと、味の変化も楽しめると同時に食事の栄養と一緒に摂取することができます。バリエーション豊かな楽しみ方ができるのも、青汁の魅力の1つと言えるのではないでしょうか。

 

本気のコレステロール対策ならヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>に決まり!

 

楽しく飲みつつも、本気でコレステロールをケアするのであれば、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>が一番でしょう。ランキングで堂々の1位に輝いている!ということがその証なのですが、それだけではありません。

 

コレステロール対策へのカギは、注目成分であるキトサンの存在です。本来はエビやカニなど甲殻類に含まれている成分なのですが、自然治癒力を高めるとして大きな注目を集めることとなりました。

 

塩分中の塩素を排出させることで高血圧を予防し、消化液の胆汁酸を輩出させる効果があるためコレステロール値を下げることができるのです。

 

現に、大正製薬が行った販売前の臨床実験では、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>を4週間摂取することで悪玉コレステロールの値が一気に低下したとの結果が得られているのです。

 

その効果は一時的なものではなく、飲み続けることでコレステロール値の値が正常値に収まり続けることが確認されています。

 

せっかくコレステロール値を下げるのであれば、確かな効果が裏付けられている青汁が良いですよね。ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>なら、その期待にきっと応えてくれることでしょう。