青魚は中性脂肪を減らす

中性脂肪は、人間が生きていく上で欠かせないエネルギー源です。しかし、過剰に体内に蓄積されてくると、様々な健康被害におよびます。たまりすぎた中性脂肪をコントロールするには、青魚に多く含まれるEPAやDHAが効果的だといわれています。

 

DHAとEPAはほぼ同じ構造で同じような働きをしてくれる栄養素ですが、どちらかというとEPAのほうが血栓予防に効果が高いそうです。

 

DHAはというと、どちらかといえば脳の働きをよくする作用が高いといわれています。ただ、いずれも中性脂肪を低下させてくれる作用があるので、バランスよくとれる青魚を食べるのが便利なのです。

 

そもそもEPAやDHAは何なのかというと、不飽和脂肪酸という油に含まれる脂肪酸の一種です。肉類と同じような脂質の一種なので、魚の油分もなかなかのものだと魚好きな方はよくご存知でしょう。

 

ただ、肉類の脂質よりも中性脂肪になりにくいのが、青魚に含まれる脂質の特徴です。しかも、EPAは体内では生成されない成分からできる脂肪酸のため、必須脂肪酸といわれているのです。

 

体外から摂取しなければ、体に入ってこない成分というわけです。このため、青魚を食べてEPAをとりこむのは、健康のために非常に重要です。魚が苦手という人は、サプリメントなどで摂取を検討してみてはいかがでしょうか。

 

青魚による中性脂肪の減少が注目されたのには、理由があります。もともとはエスキモーに中性脂肪を原因とする疾患が少ないことに着目して研究が始まったのですが、青魚を食べ続けることによる中性脂肪の減少は臨床試験でしっかりデータが出ているほどの事実なのです。

 

中性脂肪値が気になる人は、積極的に青魚を食べて脂肪をコントロールしていきませんか?