青魚に含まれる栄養素

イワシやサバ、アジ、サンマなどをはじめとする青魚に多く含まれる栄養素といえば、代表的なのがDHAやEPAではないでしょうか。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)は不飽和脂肪酸の一種で、体内で合成されないα-リノレン酸から生成されます。そのため、食品などから摂取する他ないという特徴があります。

 

脳や神経組織に大きな働きをする成分で、集中力や記憶力を養うのにもよいとされています。一方、EPA(エイコサペンタエン酸)も不飽和脂肪酸の一種ですが、EPAにはDHAよりも血小板の凝固を抑制する力が高いといわれています。

 

他は非常によく似た機能や構造を持っており、そのため2つをセットにして紹介されることが多いのです。青魚の栄養成分というとDHAやEPAのみが注目されがちですが、他にもいろいろな栄養素が含まれています。

 

例えば、アミノ酸の一種であるタウリンは、どの青魚にも大抵多く含まれています。タウリンは、コレステロール値や血糖値の低下、血圧の上昇を抑えるのに役立ったり、心臓や肝臓の機能強化、視力回復などにも効果を発揮します。

 

骨を丈夫にしてくれるカルシウムやビタミンB群が多いのも、青魚の特徴です。ビタミンB群は美肌に欠かせない他、アンチエイジングや動脈硬化の予防にも最適です。

 

青魚の中でも、イワシにはイワシペプチドという特有の成分が含まれています。イワシペプチドは、強力な血圧降下作用を持った栄養素です。

 

高血圧に悩んでいる人は、降圧剤などを服用するよりもイワシを積極的にとったほうが、自然な血圧降下を望めそうですね。