青魚の効果と副作用

青魚には、他の魚類より豊富な栄養素がたっぷり詰まっています。人間には脂質が欠かせないものですが、肉類などから摂取する脂質は余分な脂肪や老廃物として体内に蓄積されやすいため、注意が必要です。

 

その点、青魚の脂質は良質で、体内で様々な健康効果を発揮してくれます。

 

例えば、青魚に多いといわれているEPA・DHAは、体内では生成されにくい必須脂肪酸の一種です。その上、コレステロール値の減少血栓の予防にも役立ってくれるため、心臓疾患や脳疾患などの心配がある人にはピッタリの食べ物なのです。

 

肉類よりもエネルギーとして消費されやすいため、ダイエット中のおかずとしてもおすすめです。青魚に含まれるタウリンは、やはりコレステロール値を低下させてくれ、血液をサラサラの状態にしてくれます。

 

タウリンは視力回復にも良いとされ、コレステロールの蓄積を原因とする胆石症などにも効果があります。余分な水分を排出する作用のあるカリウムを多く含む、青魚もあります。

 

骨を作るために必要なカルシウムが多いのは、魚類に一般的です。しかし、それだけでなく、ビタミン類も豊富な青魚。血液循環や皮膚にも作用するビタミンB群が多いのは、健康にも美容にも心強い味方です。

 

血液をサラサラにすると、全身を健康にしてくれる上に美容にも役立つことがわかっています。ただ、不飽和脂肪酸も油の一種のため、食べすぎは脂肪の過剰摂取につながります。

 

また、酸化しやすいため、新鮮なうちに生で食べるか早めに調理することが大切です。中には青魚にアレルギーを持っている人もいるので、副作用的な働きに注意しましょう。