狭心症とは

何らかの原因で、心筋に送られてくる血液の量が少なくなってしまうのが狭心症です。心筋が一時的に虚血状態になってしまいます。狭心症の場合、心筋に必要な血液の量は十分ではないものの、血流が全く止まってしまうわけではないので、発作は2〜5分、長くても10分ほどで、安静にしていると落ち着いてきます。

 

狭心症には「労作狭心症」と「自発性狭心症」の2タイプあるといわれます。「労作狭心症」は運動や労働などで体を動かしている時に起こるもので、過度の興奮などが引き金になることもあります。急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったりした時、酸素の消費が高まったのに、血液の流れが悪く、十分な酸素が供給できない時に起こる発作です。

 

自発性狭心症」は、冠状動脈自体が痙攣して起こる発作で、はっきりとした引き金の要素もなく、突然発作が起こってしまうものです。

 

狭心症の痛みは、狭い範囲ではなく、手のひらくらいの範囲で起こり、圧迫感や締め付け、胸の中央から下部にかけて、胸の奥の方に痛みが走るといわれます。

 

狭心症にはいろいろな原因が考えられますが、一番多いのが心臓のまわりにある冠状動脈の動脈硬化です。冠状動脈の内側にコレステロールや中性脂肪などが付着して、狭くなってくると血液の流れが悪くなってきてしまします。

 

狭心症の予防は、まずコレステロール値を下げるために食事の改善、適度な運動を心がけます。また、狭心症の初期症状は軽くて、つい見逃すことも多いので、速足で歩いたり、階段の上り下りをして、胸が苦しい、締め付けられるような感じがするなどの症状が見られたら、早めに検査を受けることが大切です。