コレステロールとアルコール

酒は百薬の長といわれるように、コレステロールにとっても適量のアルコールは、血中の悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあるといわれています。

 

善玉コレステロールを増やす最適なお酒の量とは、日本酒で1合、ビールで大びん1本、ウイスキーでW一杯です。お酒を飲み過ぎると肝臓に負担がかかります。アルコールの摂取量が増えると中性脂肪が増え、糖尿病や肥満の原因にもなります。中性脂肪が増えると、適量のアルコールを飲んでも善玉コレステロールが増えなくなり、血中のコレステロール値が高くなるといわれています。

 

また、アルコールの量も心配ですが、おつまみも心配です。お酒のお供の代表選手のナッツなど、どうしても塩分の強いものやカロリーの高いものを食べてしまうからです。それに、お酒を飲むと満腹中枢が鈍くなって、ついつい食べ過ぎてしまうこともあります。飲み会にいって、夜中にシメのラーメンなんていうパターンは、もう最悪ですね。

 

ストレス解消にお酒を楽しむ人も多いと思いますが、適量のお酒と、カロリーの少ないおつまみを心掛ければ、むしろ体のために良い効果が生まれるとも言えますね。お酒を飲む人は、食事のカロリーは食事だけで考え、お酒のカロリーとは別として考えるといいと思います。

 

そのためには、自分の飲むお酒のカロリーを知り、1週間単位でカロリーを決めておきましょう。飲み過ぎたなと思った日があったら、飲まない日を作って調整しましょう。