動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈の血管の壁が厚くなったり、硬くなったりして、血液の流れが悪くなることの総称です。これには、コレステロールが深くかかわっています。

 

動脈硬化自体は、病気ではありませんが、血液がスムーズに流れなくなって、血栓ができるとその血栓ができる箇所によって、重大な危険性のある症状を引き起こしてしまします。食生活や生活習慣の乱れが、善玉コレステロールを減らしてしまいます。

 

善玉コレステロールは、血液中の不要なコレステロールを回収する役割を持っているので、これが減ってしまうと回収しきれなかったコレステロールが血管の壁などに取り残され、脂肪に変わって血管、いわゆる動脈の壁にへばりついてしまいます。これが、血液中のドロドロとした塊となり、血栓として血液の流れをストップさせてしまうのです。その血液がストップしてしまう場所によって、さまざまな症状が起こります。

 

脳で動脈硬化が起こると脳梗塞や脳出血、心臓で起こると狭心症や心筋梗塞、足にできると歩行が困難になり、重症化すると壊死を起こしてしまいます。このように生死にかかわる非常に恐ろしい動脈硬化ですが、原因がはっきりしているので、十分予防も可能です。コレステロール値を下げて、中性脂肪を抑え、高脂血症から脱出することが最優先課題となります。

 

緊急の場合には、投薬して一時的にコレステロール値を抑えるという方法もありますが、あくまでも一時的で、根本治療にはなっていません。まずは、食習慣・生活習慣から見直していくことが遠回りのようで、一番近道です。