ドロドロの血液になる原因

血液サラサラの逆の意味を示す血液ドロドロとは、血液中のコレステロールが蓄積されている状態です。サラサラの状態なら血がスムーズに流れてくれるのに、ドロドロに濁った血液は血管の中をうまく流れてくれません。

 

結果、全身に血がめぐりにくくなり、様々な障害が起こります。

 

血液ドロドロになる原因にも、いろいろな要素があります。

 

代表的なのが、脂肪分や糖分のとりすぎです。脂肪分からできるコレステロールですが、コレステロールはホルモンの原料として最低限必要な量もあります。

 

しかし、過剰になってくると、血液中に蓄積されて良くない影響をおよぼすのです。糖分も、エネルギーとして消費されなかった分は脂肪になって体内に蓄積されます。

 

また、糖分の摂りすぎで血糖値が高くなると、インスリンの分泌が不足して糖尿病になる恐れがあります。糖尿病になると、血中の水素イオンの影響で血液がドロドロになってしまいます。酸性の食品を摂りすぎるのは、ドロドロの血液に直結しているようなものです。

 

年をとってくると、身体の代謝機能が衰えてきます。代謝が低下して体内に老廃物がたまりやすくなると、血液中にも不要なものが増えてきます。

 

すると、血液の流れが悪くなって血液ドロドロの状態になることがあります。ダイエットをしてリバウンドしたときにも、脂肪が増えるために血液ドロドロになる恐れがあります。

 

活性酸素が体内に増えて血液を含む身体が酸性に傾くのも、血液ドロドロにする要因です。老化や生活習慣の乱れ、栄養バランスの悪い食生活、過剰なストレスの蓄積などを放っておくと、どんどん体がさびてきてしまいますよ。