血液サラサラになる薬

血液ドロドロの状態が悪化して動脈硬化になったり、さらに進行して脳梗塞や心臓疾患に至ると、病院で治療を受ける必要が出てきます。

 

病院では、血液をサラサラにする薬を用いることがあります。血小板を固めないようにする抗血小板薬や凝固因子の働きを防ぐ抗凝固薬などが、代表的な血液サラサラ効果に期待できる薬です。

 

以下に、それぞれの主な薬を紹介してみます。

 

抗血小板薬 アスピリン、チクロピジン、シロスタゾール
抗凝固薬 ワーファリン、ヘパリン、アルガトロバン、ダナパロイドナトリウム

 

薬の副作用には注意

 

いずれにしても、薬は化学的な作用で強制的に血液を固まらせないようにしたりするものです。副作用の発生も否定できず、人によっては副作用が深刻な症状になってしまうこともあります。

 

例えば、血液を固まりにくくする薬を服用するからには、止血が難しくなるという副作用が出る可能性があります。

 

歯茎から血が出て止まらなくなったり、鼻血が止まらないというのも副作用のためです。ちょっとした傷で出血したときにも、気をつけなければなりません。

 

また、ワーファリンなどは、ビタミンKの作用を抑制して血液を固まりにくくします。納豆やブロッコリー、ほうれんそうなどのビタミンKを多く含む食品を多く摂取すると、せっかく服用した薬の作用を弱めてしまう恐れがあります。

 

そのため、血液凝固剤を服用している人には、納豆を我慢しているというケースも多いのです。他にも重い副作用をわずらってしまう人がいるため、血液サラサラにする薬の服用には医師との相談が必要です。

 

自然な食品や食品の成分を凝縮した血液サラサラサプリなどから、血液サラサラ成分を摂取することも考えてみましょう。