血液サラサラになる食べ物

血液をサラサラにする効果のある食べ物は、たくさんあります。

 

まずは、血液サラサラを妨げる食品、すなわち血液ドロドロになりやすい食品を覚えて控えるようにしましょう。いくら血液サラサラ作用のある食品をたくさんとっても、同じくらいかそれ以上に血液ドロドロにしてしまう食品を食べていれば意味がないからです。

 

血液ドロドロになりやすい食品は、糖分や脂肪分の多い食品です。甘いものは脳に良いともいいますが、血糖値を急激に高めて糖尿病になる恐れがあります。また、体内でエネルギーとして消費されなかった糖分は、中性脂肪として蓄積されてしまうのです。

 

インスタント食品やスナック菓子、肉類に多く含まれる油分も、コレステロールとして蓄積されやすい食品なので注意しましょう。

 

血液サラサラ効果のある食品は、お茶、魚類、海藻類、納豆、酢、きのこ類、野菜、ねぎ類といわれています。最近よく話題になるのは、魚類に含まれるDHAやEPAという成分です。

 

不飽和脂肪酸が含まれた油が、赤血球や血小板に働きかけて血流をよくしてくれるのです。コレステロール下げるサプリメントでもいろいろ出ていますから、利用してみると便利です。

 

お茶は意外だと思われるかもしれませんが、抗酸化作用のあるポリフェノールを含んだものが多いので効果的です。海藻類は、ヨードやアルギン酸が新陳代謝を促進したり、血糖値の上昇を防いでコレステロール値を低下させてくれます。

 

近頃注目されてきたナットウキナーゼも、納豆に含まれる酵素成分として血液サラサラに効果を発揮するといわれています。

 

お酢は血中の老廃物排出を促進してくれるクエン酸が、キノコ類はβグルカンがコレステロール値を下げてくれます。

 

ネギ類の特有成分であるアリシンの血栓予防効果をはじめ、野菜類には全般的に食物繊維が多く含まれるため、余分な老廃物を排出するのに欠かせません。